相場を把握することが、ソープやオナクラで働く上でとても大切です

簡単なシゴト

携帯でメールを送る

東京なら、吉原をはじめ新宿の歌舞伎町とか何とか、風俗で有名な町がいくつかあります。そんな中でも、特に吉原という町はその他の町とは違う特徴を持っていることで知られています。
吉原が「ソープ街」という別名を持っていることも、風俗の求人を見ている女性なら先刻承知のことと思いますが、その名前がよく語っているように、求人しているお店の多くが(というか、すべてが)ソープのお店なのです。
今はデリヘルとかオナクラとかいろいろな名前を持つ風俗が存在していますが、ひと昔前は「風俗といえばソープ」みたいな認識があって、その歴史は今なお続いています。今も昔も風俗の代表格として、ソープは求人に応じた女性に高給を保証してくれるものとなっているのです。つまり、稼ぎたいならソープの求人に応募するべきなのです。
ただし、特に昔はそうですが、女性の中でも風俗のテクニックに長けた女性だけが働ける場所、という認識も存在していました。吉原には「伝統の技」みたいなものが脈々と受け継がれていて、そのテクニックを持っている人だけがよく稼げるという世界だと、思われがちなのです。
もしかしたら、今ソープの求人を見ながら「こんなに稼げるんだ!」と胸をときめかせながらも、「でもテクニックないしな、私……」ということでイマイチ踏み出せないという女性も、いるかもしれません。
確かに、代表的なところでは「マットプレイ」という吉原のソープならではのサービスがあって、これはある程度のテクニックを必要とするもの。これを楽しみに吉原に来る男性も少なくないのです。
しかし同時に、現代ならではの多様化も、ソープには見られます。マットプレイなどのテクニシャン的なサービスは一切ないというお店も増えているのです。初心者の女性でも、テクニックに自信がない女性でも立派に勤められるお店が増えているというわけです。
吉原は、「簡単なシゴトで稼げる町」となっているのです。